オーディション用の写真は専門家に撮影してもらうことで良い仕上がりとなる

応募条件を確認しよう

キャスティング

オーディション用の写真はとにかく一番自分が美しく見えるように撮影しなくてはなりません。それには素人では難しいものがあります。まず、応募条件をよく確認しましょう。美しく撮影できても応募条件に合わない写真では採用されることはありません。どんなオーディションなのか、場合によっては逆に美しくない方がいいというものもあります。素朴な素材を求めていることもあるので、応募条件に合うものをきちんと撮影しましょう。もちろん、サイズなども合わせて撮影することがポイントです。規定外のものを送ってはそれだけで却下されてしまいます。自分では不安なら周りの身近な人にも応募条件を見てもらい、理解してもらってから撮影するといいかもしれません。

専門家に撮ってもらう

舞台

オーディション用の写真は専門家に撮影してもらうのが一番だと言われています。プロのカメラマンならキレイに撮影してくれるからです。今までの自分では考えられないような素晴らしい素材を引き出してくれることもあります。ただし、応募条件に合わせて撮影してもらえるようにすることが大事です。いくらキレイな写真を撮ってもらっても条件に合っていないのではプロのカメラマンでも不採用となってしまいます。どんなオーディションにどんなものを送りたいのか、プロのカメラマンによく相談をしてみましょう。プロのカメラマンといっても知り合いにそういった人が居るものではありません。写真館や撮影スタジオを訪問してみましょう。そこで撮影してもらえます。