オーディションを受ける際に使用する写真はどの様な写真がいいのか詳しく紹介しています

HOME>注目記事>写り方次第で合否が変わる上手な撮影の仕方とは

書類選考が通らない場合がある

キャスティング

タレントやモデルに憧れて、これからオーディションを受けるという人もいるのではないでしょうか。その際に書類と一緒に顔や全体を写した写真を送付する場合が多くあります。実はそのオーディション用の写真がとても重要なのです。なぜかというと、書類審査の際に、その中身だけでなく写真も選考の材料になるからです。しかも実は写真は、審査をする上でとても重要な役割を持っており、どの様な移り方のものを送るかで書類選考が通るかどうかが変わってくるでしょう。書類選考が通らなければオーディションすら受けることが出来なくなってしまうばあいもあります。その為、書類を出す際に写真が必要な場合は移り方などしっかり考慮した上で書類を作成することが大切です。

自分の魅力を伝えるために

女性

では実際にオーディションを受ける場合の書類に添付する写真はどの様な写真を添付するべきなのでしょうか。まず、顔がはっきりと写っているものを選びましょう。顔が髪の毛で隠れていて見えなかったり、ピントがずれているものは選んではいけません。はっきりと顔が映っており、表情などしっかり見えるものを選ぶことが大切です。また、自分の魅力が一番伝わる表情で写真を撮る必要があるでしょう。表情が無いものよりは笑顔の写真であったり、また自然体の写真もおすすめです。

印象に残るために出来ること

スタジオ

また、写真を撮る際はボディラインがしっかり見える方が良いでしょう。体全体の写真が必要な場合は、体全体の写り方も考慮して、撮ることが大切です。足長効果を出すために少し足をクロスしたり下からのアングルで写真を撮るのも良いでしょう。出来るだけスタイル良く写真に写るようなポージングの工夫も大切です。ただ撮影するだけではオーディションで勝ち抜くことは出来ないかもしれません。応募数が多ければ多い程その分書類審査が厳しくなってしまうので、審査する人の目に留まる様な印象的な写真を撮ることをおすすめします。